市原の葬儀業者を比較しよう

  • 千葉県八千代市の葬儀

    • 千葉県八千代市は、県の北西部に位置している人口19万人の街です。

      住宅団地が建設されて急激に人口が増加しましたが、近年は急速に高齢化が進んでいる街でもあります。

      高齢化が進んでいる八千代市の葬儀が変化しつつあります。従来は八千代市も葬儀において近隣の住民が手伝ってくれるのが一般的で、葬式組や葬式班と呼ばれています。

      八千代で葬儀の情報を簡単に探すことができます。

      また故人が長寿を全うした場合は、紅白の紐を通した5円玉をポチ袋に入れて配る長寿銭という独特の風習があります。

      ただこういった古いしきたりがある八千代市の葬儀も年々家族葬を選択する人が増加しています。家族葬とは文字通り、家族や親戚などごく近しい人のみで行うお葬式で勿論近所の人が手伝うこともありません。


      これは、平均寿命が延びたことにより亡くなる人が高齢化し、従来多かった会社関係の人などが退職して何年もたっている場合疎遠になっているので、それほど大きな規模の葬儀をする必要がなくなったこともあります。



      また家族葬は、故人が生前に申し込みをするというのも最近の特徴です。

      子供たちと離れて暮らしている場合、近所の人に手伝ってもらう葬儀では、残された家族に負担がかかるという配慮も大きいと考えられます。また、人生の終わりはごく近しい人のみにひっそりと見送られたいと考える人も多いのが現状です。



      八千代市のように東京に近い比較的大きな規模の街では、今後家族葬のような小規模のお葬式を選ぶ人が益々増えることでしょう。